スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺炎球菌について

  • 2005/11/03(木) 17:48:27

風邪でダウンです(T_T)

昨日から子供を連れてのびママが東京の
実家へ帰省しています!
みんなが帰ってくる日曜日まで思う存分
一人でやりたいことができる~!^^!

という喜びも束の間・・・。ゆっくりできるはずが、
一昨日からの風邪でダウンです(>_<)
あれもこれもしたいなぁ~って思っていたのですが、
こんな時に限ってです(T_T)


で、家の電話を見たら留守電ボタンが光っています。
先日うちの子供二人が入院していた病院から
血液検査の結果が出たので「一度来て下さい」と
いう内容のものでした。


そもそも入院していた原因は当初「不明」でした。
入院日記はこちらをご覧下さい。)
とにかく1週間の入院で最終的には「肺炎球菌」
原因であるということが分かったのですが、
この「肺炎球菌」というのがかなりのクセモノで
ありました。

「肺炎球菌」とはどんなものなのでしょうか・・・。

■肺炎球菌について
 ☆肺炎球菌とは?☆
  肺炎球菌は細菌の一種で、体力が備わっていない
  小さい子供や体力が低下しているお年寄りなど、
  免疫力が弱くなってくると病気を引き起こします。

 ☆肺炎球菌が引き起こす病気☆
  肺炎・髄膜炎副鼻腔炎(ふくびくえん)・
  中耳炎・気管支炎などです。
  ちなみに赤字の病気はうちの子供たちが、
  ここ1年で掛かったことのある病気です。

 ☆最近の傾向☆
  ペニシリン等の抗生物質が聞きにくい「耐性菌」が
  増えてきています。1980年代後半より増加し、
  現在では肺炎球菌の30~50%を占めていると
  いわれています。ちなみに今回うちの兄弟がやられ
  たのは「耐性菌」でした。

 ●予防
  基本は帰宅時に「手洗い・うがい」です。
  これは習慣付けないといけませんね。

 ●予防接種
  「肺炎球菌ワクチン」があります。
  肺炎球菌は80種類以上の種類があり、それぞれ
  の型に免疫をつけなければいけません。しかし、
  肺炎球菌ワクチンを接種しておけば、感染する
  可能性の高い23種類の型に対して免疫をつける
  ことができます。それらで感染症の8割位を
  カバーできますので、1回の接種でほとんどの
  型に対し、有効レベル以上の免疫ができます。
  この免疫はよく持続して5年以上続きます。
  しかし、アレルギー反応の可能性があるので、
  摂取は1回のみしか認められていません。
 
 ●摂取情報
 ・どこで摂取できるの?
  日本での認知度が低く一般の病院では摂取できない
  ことが多いです。うちは入院していた病院から、
  摂取できる大学病院を紹介してもらいました。

 ・摂取費用は?
  病院によって違うみたいです。うちの場合は
  一回15750円です。それに紹介なので、
  紹介状代金1575円が掛かります。
  保険対象外なので高いです。しかし、市町村
  によっては公費助成を実施している所もある
  ので、お住まいのお役所の保健課等に問い
  合わせしてみて下さい。

 ・摂取時期は?
  いつでも大丈夫です。しかし、インフルエンザの
  予防接種と併用すると効果があがるというデータ
  が海外で確認されており、時期を合わせるといい
  とされています。つまりインフルエンザの予防
  接種時期の今がいいということです。

 ・参考
  うちの子供は「肺炎球菌」が原因と思われる病気が
  続いていたので、『IgG サブクラス欠損症』と
  いう免疫不全症の可能性を血液検査で確認してから
  摂取することとなりました。
  免疫不全であると感染に対する抵抗力が低下し、
  感染しやすくなります。
  お兄ちゃんのりょう君は「結膜炎」・「中耳炎」・
  「副鼻腔炎」、
  弟のしん君は「髄膜炎」・「結膜炎」・「中耳炎」
  と、ここ1年間で発症しているので可能性はあり
  得る訳です。検査結果は来週でます。免疫不全で
  あれば、その欠損しているものを補っていく
  必要性が出てくるので、新たなる治療が必要に
  なってきます。

 ・余談
  ちなみに余談ですが、「アレルギー」や「細菌・
  ウィルス」を防ぐ免疫に「分泌型IgA」という
  ものがあります。これは母乳に含まれており、特に
  ”分娩初日”の母乳に多く含まれています。しかも
  生まれてからすぐに赤ちゃんの免疫機構が刺激
されるとその後の一生の健康にも大きく作用して
  くるそうです。出産後すぐに母子を一緒にして
  授乳させるのも納得です。
  

と、まあ調べれば調べるほどたいそうな病気になった
ものだと、つくづくと痛感しますm(>_<)m
とにかく病気で分からないことや不安があれば、
かかりつけの信頼できる病院に相談してみることです。
素人だけで判断するのは危険ですから。でも、
最近の病院も信頼できるか(関連記事はこちら)と
言えば・・・ねっ^^;

こうやって書くとかなりうちのチビどもはかなり病弱に
思えますが、普段はただの悪ガキなんです・・・^^;
いつもはそんな悪ガキぶりを叱ったりするのですが、
病気になるとそんな”悪ガキぶり”も愛しいばかり
です。

そんなことを痛切に思う出来事が、半年前にも
ありました。次男しん君の「髄膜炎」です。これが、
結構大変な病気で・・・。次回はそのことについて
書きたいと思います。  

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ごっとハンドさんへ

コメントありがとうございます。

足跡を残して頂いて嬉しいです^^!

また、よろしければ遊びに来てくださいね^^

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/05(土) 00:17:16
  • [編集]

むちむちさんへ

実家まで車で15分ですか・・・。
近くていいですね^^。羨ましいです。

でも、帰省と言えばなんか飛行機とかで帰るような
感じですもんね^^;車で15分だと帰宅?!って感じですかね(T_T)

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/05(土) 00:16:08
  • [編集]

はじめまして、ごっとハンドと申します。ブログ読ませていただきました^^足跡残しときます^^

  • 投稿者: ごっとはんど
  • 2005/11/04(金) 16:00:01
  • [編集]

まあ・・・・(^^;)

お互いに早く治したいですねェ・・・風邪!(-_-)
せっかくひとりの時間ができたのに・・・っってママは「東京の人」?なんですね!(んんん~都会人!)
いいなあ・・・アタシも実家に帰省ってやってみたい。。。なんてったって、アタシの実家はウチから車で15分、、、悲しすぎです(T_T)

  • 投稿者: むちむち
  • 2005/11/04(金) 09:36:52
  • [編集]

orionさんへ

確かに病名って難しい漢字が並ぶから、見るからに
大変そうな感じがします・・・(T_T)

それだけに、普段は記憶にも残らないのですが、
いざ係わりを持つと途端に目に飛び込んでくるように
なります。

こんな難しい漢字の病名とは無縁なのが一番ですね^^:

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/03(木) 22:36:50
  • [編集]

あばさんへ

お気遣いありがとうございます。

こんな時に風邪とは本当にツイてないです。

きっと日頃の行いが悪いのだと思います(>_<)。

「一日一膳」を心がけます!

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/03(木) 22:34:10
  • [編集]

病名が・・・。

難しくて頭に入らない(^^;)
何でそんなに難しい漢字使うのぉ!

  • 投稿者: orion
  • 2005/11/03(木) 22:12:43
  • [編集]

大変ですね

嫁さんや、子供の居ない間にやりたい事ってたくさんありますよね!
しかし、風邪をひくなんてついてないですねー!
お子さんもパパさんも、みんな健康には注意してくださいね。
お大事に

  • 投稿者: あば
  • 2005/11/03(木) 21:09:16
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。