スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

髄膜炎について

  • 2005/11/04(金) 23:57:58

会社休みました(T_T)

咳がひどくて、これで会社に行ったら周りに
座っている人に大ヒンシュクなので・・・。

という訳で、夢の四連休?になりました^^v
しかも、家族は実家に帰省中なので、まさに
一人っきりなのです!

でも、そんな夢の四連休も初日は風邪で安静。
二日目の今日は病院のハシゴで終わりました(>_<)

今日だけで3軒の病院をハシゴしました。
と、言っても自分の病気が2軒、子供の為が
1軒です。

病院のハシゴでGetしたお薬たちです。
薬
完全に薬漬けです(T_T)

この薬をGETしたハシゴの内訳と本題の『髄膜炎』は・・・

■1軒目
先日まで兄弟が入院していた病院へ血液検査の
結果を聞きに行きました。肺炎球菌ワクチンの
摂取をする前に遺伝子に欠損がないか事前調査
をしたのです(詳細はこちらへ)
検査の結果は異常なし。とにかく遺伝子レベルで
正常の確認できたので一安心です。

■2軒目

最近、顔や頭がカサついています(T_T)。
恥ずかしながら、親父になってきたのかと諦めて
いたのですが、症状がひどくなってきたので病院
に行くことに。「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」
との診断。
放置すると「脱毛」の原因にもなるとのことで、
早期治療で禿げないようにしないと・・・^^;
塗り薬を2種類もらって保湿に気を付けながら
治療することに・・・。2週間後に経過診察です。

■3軒目
本命の「風邪」治療へ。
子供が「肺炎球菌」が原因で入院したことを話すと、
かなりその線で診察をされてしまう。
薬をしこたま出されてしまう(>_<)

こんな感じで病院をハシゴしました。病気マニアと
しては本望のスケジュールであります^^;
それにしても病気づいていることに驚きです(>_<)




このブログで我が家の兄弟が揃って入院していた
ことは報告させて頂いていますが、実はその4ヶ月前
に次男のしん君が「髄膜炎」で入院していました。
この半年間で2回入院したことになります(T_T)


=髄膜炎とは=

●どんな病気
 脳や脊髄を包んでいる髄膜に細菌やウイルスが
 感染して炎症を起こす病気。

●症状は
 ・発熱、嘔吐、頭痛
 ・首の後ろがつっぱる
 *小さい子供ほど発見が難しいと言われています。

●診断
 ・背中から髄液を採取して検査します。かなりの痛みを
  伴い、摂取後も痛みが残る場合があります。

●種類と経過
 ・ウイルス性髄膜炎
  ⇒症状が比較的軽く、ほとんど完治する。
 ・細菌性髄膜炎
 ⇒症状が比較的重く、治療が遅れると命にかかわる
   こともある。また、知的な障害や難聴、てんかんなど
   後遺症を残すこともある。

●治療方法
・菌の種類によって最も効果のある抗生物質を投与
 します。その種類を早期に発見しないと効果的な
 治療が施せません。期間は最短で2週間と言われ
 ました。

●重要なこと
・早期発見しないと、生命の危機にさらされたり、
 後遺症が残ったりします。特に年齢が低いほど
 後遺症が残る可能性が高いと言われています。
 とにかく、高熱・嘔吐・けいれん・意識障害等が
 見受けられたら可能性はあります。すぐに
 医療機関で診察してもらって下さい。
 

ちなみにしん君は恐ろしいことに「細菌性髄膜炎」
でありました。その経過を今回振り返ったて
みたのですが、改めて大変なことだったんだな
と思いました。

普段はあまり耳にすることのない病気なので、
ピンとこられないかもしれません・・・。
しかし、発症数は年々減少傾向であるとのこと
ですが、発症している方は間違いなくいます。
生の情報を少しでも提供したいと思ってその時の
ことをこのブログで書きたかったのですが、
結構重い内容と長文になるので、別枠で書くこと
にさせて頂きました。
次回のブログUP時にはご紹介させて頂けるかと
思いますので、ご興味を持って頂けた方はご覧
下さい。

とにかく少しでもいざという時の為に
お役に立てて頂ければ幸いです。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

髄膜炎の解説

髄膜炎髄膜炎(ずいまくえん、Meningitis)とは、脳の髄膜下腔に主に軟膜に炎症が生じた状態。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL

  • From: 症状で知っておきたい病の知識 |
  • 2007/03/03(土) 16:10:13

この記事に対するコメント

きよちゃんさんへ

読んでくださってありがとうございます。
ちょっと聞き慣れない言葉がたくさん出てくるので
読み辛かったと思うのですが、こういう病気もあることを
知って頂きたくて経験者として書かさせて頂きました。
何らかの機会で思い当たるフシが出てきた時の
参考に少しでもなれば幸いです。

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/05(土) 18:41:42
  • [編集]

のびパパさんへ

こんにちは。また、遊びに来ました。風邪は、大丈夫ですか?ひどくならなければいいですね。また、熟読しましたよ。私も、子供3人もかかえてるので、勉強になります。特に、一番下は、知的障害なので、どこが痛いとか、具合が悪くても、自分で言い表すことが難しい子なので・・・聞き慣れない言葉だったので、???がいっぱいだったのですが。長くなってすみません。風邪、お大事に!

  • 投稿者: きよちゃん
  • 2005/11/05(土) 12:59:48
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。