FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副鼻腔炎(ふくびくうえん)について

  • 2005/11/10(木) 05:56:13

我が家の病気シリーズに新しい1ページを飾った
「副鼻腔炎(ふくびくうえん)」
について今日は書かさせて頂きます。

病気担当は長男のりょう君です。
そして、この副鼻腔炎の原因は血液検査の結果
憎っくき『肺炎球菌』であることも
昨日判明しました。

★副鼻腔炎(ふくびくうえん)★

■副鼻腔とは
顔の骨の中の鼻のまわりにある空洞のこと。
鼻の中に通じています。

■副鼻腔炎とは
ウイルスや細菌による風邪に続いておこる
副鼻腔の粘膜の炎症をいいます。
殆どは少なくとも4週間前後までの治療で治る
急性副鼻腔炎ですが、症状が続いたり、
そのままで、固まってしまうと、
慢性副鼻腔炎(蓄膿 ちくのう)になります。

幼児期から学童期にかけて大変多い病気です。

一般的に、小児の副鼻腔炎は治りやすく
(慢性化しにくい)、大人では小児と全く逆の
特徴となると言われています。
つまり、大人は副鼻腔炎にはなりにくいが、
一旦なると治りにくいということです。

■症状について
風邪をひいたあとなどに、
1)頭の痛み、頭の重い感じ
2)頬の痛み、歯の痛み、目の奥の痛み
3)臭いのある鼻汁、膿みのような黄色い鼻汁
 (のどの方に流れることもある)
4)鼻づまり
などがみられます。

■治療について
治療としては薬物治療、洗浄、ネブライザー治療
などといった保存的治療がある。
1)薬の内服が主となります。
・抗生剤(細菌を殺すため)
・蛋白分解酵素(膿うみを排せつしやすくするため)
・消炎鎮痛剤(炎症を・痛みをおさえるため)
2)鼻のネブライザー
・鼻を処置して、鼻汁をきれいに取ってから、
 霧状の薬を直接、鼻の粘膜にかけます。
3)上顎洞穿刺
・症状が強い場合や上記の治療でも全く改善の
 ない場合は上顎洞に針を刺して洞内の膿を
 吸い出したり、中を洗いながしたりします。


ちなみにうちのりょう君は風邪を引いた後、
鼻水がずっと出てたので、耳鼻科に行ったら
副鼻腔炎と診断されました。

症状としては、鼻水・鼻づまりだけで、いたって
元気です。ただし、『肺炎球菌』が原因の心配が
あったので血液検査もしてもらいました。
最近の病気続きで発病した病気についていろいろと
調べていたので、お医者さんへの質問も少し
的を得てきました。

検査の結果やはり『肺炎球菌』と診断されたので、
その他の大病に発展しないように注意が必要です。

治療としては、薬の内服で治療しています。
『肺炎球菌』が原因とと解明してからは、飲む薬を
それ用に変えました。
副鼻腔炎については、子供は比較的治りやすいと
言われているので、早く治って欲しいものです。

しかし、この『肺炎球菌』は我が家に次々と病気を
もたらせてくれます。予防接種を受ける為の準備は
整ったのですが、子供が風邪を引いてしまいタイミ
ングを逸しています。一刻も早く予防接種を受けに
行きたいです。


ん~、それにしても情けないことに我が家の
男共は私を含めて病気続きです。私に至っては、
1週間前に引いた風邪がなかなか治りきらず
辛い日々を過ごしております。

そんな中でママだけは健康で、まさに

「母は強し!」

であります。確かにママが寝込んでしまうと家の
ことは機能停止してしまうので、
”心強い”
のですが、ママの負担が少なくなるように
心掛けをしないといけません。

その為にも早く風邪を治して、子供をお風呂に
いれたり、ちょっとした手伝いがサッとできるよう
にしなければいけません。
今は体がダルくて・・・(>_<)


ここ最近病気続きで思うことは、掛かった病気を
早く治すことも大事なのですが、それ以前に病気に
なるのを”防ぐ”ことが大事であるということです。

そんな反省も込めて、次回は病気の予防に
ついて考えたいと思います。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

orionさんへ

今年のインフルエンザはまたまた新型の気配です。

早め早めの対策は流石ですね!ご家族で受けると
確かにお金が高くつきますが、うちみたいに
病気になると、治療代が高くつく上に
心身ともに
しんどいので、多少お金が掛かっても
健康でいられた方がいいことが多いですものね^^

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/11(金) 09:02:09
  • [編集]

みぃーさんへ

みぃーさんは経験者だったんですね。

しかも手術までされているとは、簡単に鼻づまり
とは片付けられないですね・・・(T_T)

確かに病気はコリゴリです。健康が第一ですね!

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/11(金) 08:58:36
  • [編集]

あばさんへ

健康家族ですか。。。羨ましい^^:

うちもそんなに病気ばかりしていた訳ではないのですが、
この半年間で一気に病気の波が押し寄せてきました。

次男は乳幼児医療の対象年齢なので医療はまだ
なんとか助かっていますが、家計に占める医療費の
割合はかなり高いです(>_<)

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/11(金) 08:56:15
  • [編集]

マチさんへ

お気遣いありがとうございます。

病気をもらってくるのは幼稚園からだけでは
ないみたいなのですが、本当によくもらってきます(T_T)

とにかくきちんと治療して完治を目指します。
私も含めてですが・・・(>_<)

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/11(金) 08:52:57
  • [編集]

にっくき!「肺炎球菌」ですね!
りょうくん早く良くなるといいですね。
家も明日ようやくインフルエンザに行ってきます(^^;)
近くで会員制の診療所を見つけて、そこだと予防接種が安くなるので行くことにしました。
ホント、4人がするとなると馬鹿になりませんからね。
のびパパさんもお大事になさってくださいね。
次回の病気の予防楽しみです。

  • 投稿者: orion
  • 2005/11/11(金) 02:28:23
  • [編集]

私も「副鼻腔炎」経験者です。
大人になってからですから、治療は大変です。
私の場合、慢性の鼻炎からなったのかなって思ってます。
私はその他のアレルギーもあったり
鼻の中の骨が少し曲がっているらしく
それも加わって症状が悪化し手術したこともあります。それも必ず再発するよって言われてます。
あー、病気はヤダ、ヤダ。

  • 投稿者: みぃー
  • 2005/11/10(木) 20:17:04
  • [編集]

医療費も馬鹿にならない世の中になってきそうだから、体調管理をしっかりするように心がけないとね。
うちは、今のところ健康家族です。

  • 投稿者: あば
  • 2005/11/10(木) 17:26:41
  • [編集]

おはようございます。
まだ風邪治りきってないんですね(>_<)
仕事してるし寝てるわけにはいかないから
治りにくいのかな?
お大事に☆

りょくくん幼稚園で病気もらってくるのかな?
小さいときに免疫つくのはいいけど
病気しすぎるのも親としてはハラハラドキドキですね・・・
両君も早くよくなりますように!

  • 投稿者: マチ
  • 2005/11/10(木) 08:20:21
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。