FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

習い事を続けること

  • 2005/11/28(月) 23:19:43

最近の子供の習い事はいろいろなものがありますね。
子供に習い事をさせている家庭は全体の約60%にも
及びます。まだ子供が小さい20代では3割台と
少なくなりますが、それでも3人に1人は何か習い事
をしている換算になります。

しかも掛け持ちで習い事をしている子も多く、
その順位は
「1位:スイミング、2位:英会話、3位:ピアノ」
となります。

お稽古先を決めた要因は、1位「子供の意思」
2位「通いやすさ」の順になります。
主婦対象のアンケートでは「価格」が選択基準の
トップになるかと思いきや、みなさん子供のお稽古先
は経済性よりも子供の気持ちを優先させているみたい
です。

今回はこの「子供の気持ちを優先させる」ということ
について、考えさせられることがありました。
それは・・・

我が家の長男りょう君(5歳)は2年前から
体操教室に通っています。鉄棒や跳び箱、
マット運動など子供向けながらも、楽しみ
ながらもそこそこ本格的な内容です。

鉄棒で前周りができたり、側転ができたり、跳び箱が
補助付きですが8段飛べたりと、少しずつりょう君が
成長していくことを、りょう君も楽しみ、それを側で
見ているママも喜び、それを聞いているパパも感心
して楽しんでいました(平日なのでパパは見にいけ
ないのです(T_T))。

しかし、三日前の晩御飯の食卓でママが、
りょう君を横に座らせ、
「体操教室を辞めさせようと思っている」
とパパに相談してきました。

理由を聞くと、教室に行く前に必ずと言っていいほど、
「行きたくない」と大泣き&大暴れするのだそうです。

ママとの会話は長くなってしまうので割愛しますが、
心配なのは、ママにもかなりの肉体的・精神的負担
なっているのと、りょう君がどういう気持ちで
「行きたくない」と言っているのかが今ひとつ
掴みきれていない状態だったことです。

こればっかりは本人に聞くしかないのですが、
いかんせんまだまだ5歳の子供です。
どう聞いていいものかと考えました。結論としては
パパとりょう君が二人きりになった時にストレートに
聞いてみようということでした。

一昨晩の寝る時にりょう君と二人きりになる
チャンスがあったので、りょう君に
「りょう君、体操教室辞めるの?」
と聞くと、
「・・・」
と無言。

そこで、
「跳び箱楽しい?」
と聞くと
「・・・うん」
と、やっと返事。今がチャンスともう一度
「体操教室続けたいのかな?」
と聞くと
「・・・続けたい」
と答えました。
「どうして行きたくないって泣くの?」
と、聞くと
「眠くて眠くてしょうがないの・・・」
言ったまま照れた顔で布団にもぐりこみました。

ここでちょっと嬉しかったのは「続けたいのかな?」と
聞くパパに対して「うん」ではなくて、「続けたい」
答えたことでした。
そのままオウム返しで返答しただけかもしれ
ませんが、自分の気持ちを言葉にしたように
聞こえました^^


翌日そのことをママに話し、ママの負担がキツイので
ママにもどうするかを確認しました。ママもりょう君の
体操している姿が大好きなので、大変だけど応援すると
言ってくれました。ママに感謝です^^

それとママが「体操教室を辞めさせる」と言ったこと
にりょう君がショックを受けていてはいけないので、
「ママはりょう君が行きたくないって泣くから、
辞めたいのかなって思ったらしいよ。だから毎日
早く寝て、体操教室に行く前に眠くならないように
しようね!」
と話すと、ちょっと頷いていました^^

その後ママも
「りょう君の体操している姿が好きだから応援する!」
と、りょう君に言ったそうです。その時りょう君は
無言だったそうですが、決して嫌な感じでは
なかったみたいです。


子供の習い事は、いろんな意味で成長過程で
大きな意味を持っていると思います。
その習い事で教わることだけではなく、
「努力すること、我慢すること、頑張ること、
できて嬉しいこと、できなくて悔しいこと・・・etc」

など、将来必要になる経験を体験をさせる
ことができるのかなとも思います。

子供の気持ちを尊重することは大事です。
しかし、子供に習い事を続ける意味を分かって
もらうことも大事だと思います。

父親として日々いろいろと考えさせられる
毎日・・・。子供も親父も成長していけるように
前向きに考えて取り組んでいきますm(__)m

それとあまり難しく考えないように・・・ですね^^;

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

ねね★ももさんへ

ピアノ教室ですか^^

実は私も9歳の頃ピアノ教室に通ったのですが、
ピアノを弾けると思って行ったら、座学で
音符とかの基本勉強からだったので、ガッカリ(>_<)

あえなく辞めてしまいました(T_T)

子供心にショックを受けたのは今でも覚えています・・・。

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/30(水) 01:01:55
  • [編集]

輪さんへ

コメントありがとございます。

その時の気分なのか、心底そう思っているのか
子供心を理解すのは難しいですね(T_T)

また、理解したところでどういうふうに
対処していけばいいのか・・・。

迷い考えながら親も成長していくのでしょうね^^;

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/30(水) 00:59:14
  • [編集]

うちの子は、ヤマハ音楽教室に通っています。
そろそろ左手の音符が出て来たりしているので、この辺りから嫌になっちゃう子もいるようです。
上手く弾けなくても、私が怒らずに、楽しく続けられるといいなと思っています。
りょうくんも、体操教室、楽しく続けて下さいね。

男の子と女の子、習い事も全く違いますね。
のびパパさんのブログ、私も楽しみにしています。

  • 投稿者: ねね★もも
  • 2005/11/29(火) 19:27:52
  • [編集]

始めまして、こんにちは~。
我が家の子供達も、習い事を始めて何年かたちますが、途中同じようなことがありました。
大人でも毎日何かを続けることってしんどい・・・子供も同じですよね~。
本当に嫌な場合もありますが、ほとんどはそのときの気分に左右されることが多いかもしれません。
何度かそれを繰り返しながら、そのうち楽しく行くことができるようになるのでしょうね・・・。

  • 投稿者: 輪
  • 2005/11/29(火) 09:56:22
  • [編集]

milikさんへ

頑張って続けてくれて成長の糧にしてくれると
いいのですが・・・。

習い事やお稽古事はいろいろ選択肢もありますし、
いろいろ経験させた方がよいのか、一つのことに
集中させた方がいいのかも難しいですよね・・・。

とにかく陰ながら応援していきたいと思います^^

  • 投稿者: のびパパ
  • 2005/11/29(火) 06:11:59
  • [編集]

「続けたい」っいう意思が聞けたこと、すっごくうれしいですね(*^▽^*)
がんばって続けられるといいですね!

子どもががんばっている姿見るの、大好きです。そういう姿見ると、いつも感動しちゃいます。

娘が、そんな姿を見せてくれたら、ほんと、感激しちゃうだろうなぁぁ☆

  • 投稿者: milk
  • 2005/11/29(火) 01:08:40
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。